初めての方はINDEX(目次)へどうぞ。

2008年10月10日

最近、聴いているもの:シティポップス的な

SONGS 30th Anniversary Edition
シュガー・ベイブ
B000BNM8W4


このころの山下達郎の声がめっちゃ好き。
男らしい色気に満ちてて、かっこいい。


最近のミュージックマガジンでキリンジが「僕らがやってるのはシティポップスだから」って発言してた。
キリンジもそうだけど、シュガーベイブもブラックミュージックからの影響を都会的なセンスに流し込むってところでは共通してる。
いや、というかシュガーベイブこそが日本におけるシティポップスの元祖なんだろうけど。


キリンジ SINGLES BEST Archives (通常盤)
キリンジ 堀込泰行 堀込高樹
B00020Q3FY


ということでキリンジのベスト盤。
最近、思うところあってベスト盤ばかりを30枚くらい聴いていたんだけど(何やってんだかな、しかし)、そのなかでも抜群にこれは出来がいい。
(ベストアルバムのことについては、そのうち暇が出来たら何か書くかも)

ベスト盤の根本的な問題として、音楽性が変化してるバンドなんかの場合だと、曲調がバラバラになって統一感を欠くってのがある。
たとえば、坂本真綾と水樹奈々のベストアルバムも聴いたんだけど、この二つを比べると、水樹奈々のほうが統一感があって、とても良い。


これは別に、水樹奈々>坂本真綾という不等号を表しているわけじゃない。つーか、どっちかっていえば真綾のほうが好みだったくらいだし。
ただ、アルバムの出来としては、やはり水樹奈々のほうが上だった。


水樹奈々の曲はほとんどがでJ-POPの範疇に収まっているのに対して、坂本真綾のそれがバラエティに富みすぎているのが原因だ。真綾のベスト盤のほうはどうしてもしっちゃかめっちゃかな印象を与える。


さて、キリンジであるが、これは初期の曲を集めたベスト盤になってる。
キリンジはその後、エレクトロを取り込んだ野心的なアルバムを出したりもしてるんだけど、初期のころは彼らが言うところのシティポップスの範疇に収まってる。
なので、まるで、全ての曲がこのアルバムのために作られているかのように感じる。


つーかさ、エイリアンズって名曲すぎだろ。ありえねえ。






タグ:音楽

2008年10月08日

角川の株価が1日で15%も暴落してた!

10月8日、角川の株価は前日比335円安の1890円で引けました。
パーセント表示にしてマイナス15、06%の大暴落。


いや、まあ、ご存知のとおり、暴落してたのは角川だけじゃないですけどね。日本株全体、というか世界の株式市場全体が暴落してました。


ただ、角川ってもともとPBR1倍割れまで、株価が下がってて、リーマンショックの後も、それほど株価が下がってなかったので、今日の突然の暴落には驚きました。


しかし、これで最低投資額が18万円になったので、そろそろ買いたくなってきちゃった。株主優待でアニメDVDがもらえるんで、優待狙いで明日あたりでもストップ安付近で指してみます。


しかし、まあ、すごい下げですね。
今、株価をいろいろと見てたら、ソニーなんかもPBR0.7倍くらいです。あのソニーですらPBR1倍割れてるのか。
というか、もっと言えば、ホンダもトヨタもPBR1倍割れなんですね。


PBR1倍割れってのは、簡単に説明すると帳簿に記載されてる資産価格のほうが、時価総額よりも高い状態のことです。
つまり、もしその株価で会社を買収して、会社を解散させて、資産を売り払ってしまう。すると、もし帳簿の数字そのままだとそれだけで儲けが出てしまうという、きわめて不合理な状態なわけです。


しかし、ざっといろんな企業の株価を見てみると、その不合理なはずのPBR1倍割れがゴロゴロしてる。
常識ではありえない現象が当たり前におきてる。
ここまでの大混乱、地獄絵図というものを、この目で見られるとは思いませんでした。とりあえず、これから何が起こるのか、目ヤニを拭いてちゃんと見てみたいです。

2008年10月05日

大河の顔が思い出せねえ:アニメ、とらドラ!の感想



とらドラ!の一話目を見た。
いや、おもしろかった。かなり好感触。


原作を読んだことがないんで、これからどうなっていくのかはぜんぜん知らないんだけど、これなら、最後まで見ることができそう。


感想を書くのが苦手なんで、感想はこれくらいにしておくけど(いや、これじゃ感想にすらなってないね、ごめん)、ちょっと引っかかるところがあった。


どこかっていうと、大河。
大河に引っかかったというと、釘宮理恵の演技に難癖(まんまルイズじゃんとか)つけるんだろうと思われるかもしれないけど、違う。そこじゃない。


一話目を見終わった。
んで、頭の中で大河がどんな顔をしてたのか思い出そうとしてみた。
さっぱり思い出せなかった。


なんとなく、こんな顔してたという、あいまいなイメージはあるんだけど、はっきりと顔を思い浮かべることができなかった。


一話目ということもあってか、大河はよく動いていたので、そのせいかもしれない。
だけど、たぶん、それだけじゃない。


エロゲーでの立ち絵。
正面からキャラを見ていて、キャラもこっちを見つめているっていう、あれ。
そういう立ち絵的な構図で大河をとらえてるショットがほとんどなかった。
斜めからだったり、下からだったりで、真正面から顔をとらえてるショットがほとんどなかったような気がする。


それから、顔の輪郭が変形してるところがかなりあった。
これは作画崩壊とか、そういうことじゃなくて、大河の表情を輪郭を崩して描いていたってこと。


よくある萌えアニメなんかだと、顔の輪郭はあまり崩さないし、顔も真正面からとらえてることが多い。
どうも、そういうよくあるパターンからはかなりズレてるような印象を受けた。
もっとも、これは一話目を見た時点での感想なんで、これからもそうなるのかどうかってのはわからないけど。


まあ、これから、そういうはみ出した部分がどうなるのかってのも含めて、期待しときます。おもしろかったし。
タグ:アニメ
人気記事
    ×

    この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。