初めての方はINDEX(目次)へどうぞ。

2008年10月08日

角川の株価が1日で15%も暴落してた!

10月8日、角川の株価は前日比335円安の1890円で引けました。
パーセント表示にしてマイナス15、06%の大暴落。


いや、まあ、ご存知のとおり、暴落してたのは角川だけじゃないですけどね。日本株全体、というか世界の株式市場全体が暴落してました。


ただ、角川ってもともとPBR1倍割れまで、株価が下がってて、リーマンショックの後も、それほど株価が下がってなかったので、今日の突然の暴落には驚きました。


しかし、これで最低投資額が18万円になったので、そろそろ買いたくなってきちゃった。株主優待でアニメDVDがもらえるんで、優待狙いで明日あたりでもストップ安付近で指してみます。


しかし、まあ、すごい下げですね。
今、株価をいろいろと見てたら、ソニーなんかもPBR0.7倍くらいです。あのソニーですらPBR1倍割れてるのか。
というか、もっと言えば、ホンダもトヨタもPBR1倍割れなんですね。


PBR1倍割れってのは、簡単に説明すると帳簿に記載されてる資産価格のほうが、時価総額よりも高い状態のことです。
つまり、もしその株価で会社を買収して、会社を解散させて、資産を売り払ってしまう。すると、もし帳簿の数字そのままだとそれだけで儲けが出てしまうという、きわめて不合理な状態なわけです。


しかし、ざっといろんな企業の株価を見てみると、その不合理なはずのPBR1倍割れがゴロゴロしてる。
常識ではありえない現象が当たり前におきてる。
ここまでの大混乱、地獄絵図というものを、この目で見られるとは思いませんでした。とりあえず、これから何が起こるのか、目ヤニを拭いてちゃんと見てみたいです。


この記事へのトラックバック
人気記事
    ×

    この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。