初めての方はINDEX(目次)へどうぞ。

2006年12月03日

エウレカセブン19〜22話補遺

書き忘れていましたが、19話でこのアニメにある重要な変化が起こります。


その変化とはエウレカの「ルックス」です。


レントンが一目惚れするくらいですから、エウレカはもともとかわいい女の子でした。
しかし既に述べたように19話でエウレカはジェルまみれになってしまいました。
その症状は20話で回復するのですが、いったんジェルまみれになってしまったため、エウレカの髪はすんごい短くカットされ、眉毛にいたってはあとかたもありません。
はっきり言って、ひどくブサイクです。
眉毛のない女がどれほどブサイクか実例を出しましょう。


mayugebon.jpg


眉毛がない女というものが、いかに我々の美意識を逆なでしてくれるのか、よく理解できたことと思います。
このアニメのタイトルはエウレカセブンっていうくらいですから、ヒロインは当然エウレカです。
しかし、そのヒロインがブサイク極まりないのです。
これって、新しい嫌がらせかなんかでしょうか?

「お前らにはぜってぇ萌えさせねーぞ。お前らはこのブサレカ(ブサイクなエウレカの意)でも見て喜んでりゃいーんだよ、キャハハ」的な製作者の悪意を感じてなりません。

もっと付け加えると、このブサレカ状態はなんと41話まで続きます。
ブサレカ化したのが19話ですから、エウレカセブン全50話のうち、ざっと40%をわれらがヒロイン、エウレカはブサレカとして過ごすわけです。うぐぐ。

私のかわいいエウレカを返してください。
ブサレカは要りません。



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/28809509
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
人気記事
    ×

    この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。