初めての方はINDEX(目次)へどうぞ。

2006年12月18日

萌える名前の作り方実践編1

アラブ人とユダヤ人の戦いのように、無意味きわまりないバトルがあったりしてのびのびになってた、萌える名前の作り方実践編です。

しかし、いままでの記事ですでに実践編的内容も書いてしまってます。


萌える名前ランキング9−7
http://animemangarobox.seesaa.net/article/28197029.html

萌える名前ランキング6−4
http://animemangarobox.seesaa.net/article/28550073.html

萌える名前ランキング3−1
http://animemangarobox.seesaa.net/article/29007166.html


たとえば、
「イメージの強い漢字は一字にとどめておきましょう」とか
「母音の配列に注意しましょう」
とかですね。

ですので、ここではポイントを一点にしぼって書いていこうと思います。

lesson「レアな名字をつけましょう」

萌える名前ランキングで一位になった「朝比奈みくる」。
この名前はたしかに秀逸です。
そして、その優秀さの大部分を「朝比奈」という名字によっています。
この一風変わった、そしてレアな名字によって萌えポイントは増大しているのです。
この感覚は、たぶん多くの人に共感してもらえると思います。

さて、それではなぜレアな名字をつけると萌えポイントアップにつながるのでしょう?
その理由は二点あげられます。

まず第一点。
「レアなものは、人の収集癖に火をつけるから」

経済学では需要と供給の均衡点で価格決定される、ということをいいます。
こういう言い方をすると難しいように感じますが、ようするにその商品がほしい人が多く、その商品を作ってる人が少なければ、値段が高くなるし、その逆バージョンだと値段が安くなるということです。
すんごく単純です。
この説を唱えたのは、ジョン・スミス・・・じゃなかったアダム・スミスという人なんですが、この人はこんな単純な学説を唱えた功績によって経済学の父とか言われてます。
私は、ジョン・スミスじゃなくてアダム・スミスの本を読んだことはありませんが、たぶんこいつバカです。

そんな需要と供給とか頭ぱーんってなりそうな言葉を使わなくても、私たちは実際の生活でそういう事例をみているはずです。
たとえば、昔、エアマックスという運動靴がありました。
今見ると
「なに、このおじいちゃんのシワシワみたいな運動靴ぅ?」
とか思いますが、当時はかなり人気があって品薄でした。
いやマジで。
すごい人気だったのです。
で、その結果、どうしてもエアマックスを欲しいというバカ、いや運動靴愛好家たちが値段をつり上げていきました。
たしか、当時十万円とか、そんなバカ高い値段で取引されてたはずです。

ただの運動靴がですよ!?
しかもシワシワのヤツが!??
正気の沙汰じゃないとはこのことです。
しかし、正気の沙汰じゃないのはたしかですが、こうして商品の値段が決まっていくのはたしかです。
ちなみに、運動靴愛好家のなかで、他の人よりも多少暴力的で、多少道徳的レベルの低い人たちはエアマックス狩りという愚行に及びました。
エアマックス狩りとは耳慣れない言葉かもしれませんが、ようするにエアマックスを履いている人を見つけたら、殴る蹴るなどの暴行行為に及び、履いていたエアマックスを強奪してしまうという素敵な行為のことです。
水虫うつるかも、とか考えなかったんでしょうか?

とにかく、こうして需要と供給のバランスによって、モノの価格は決まっていきます。
(つい需要と供給なんて難しい言葉使ってしまいましたが、使ってみると便利な言葉です。ひょっとしたらジョン・スミスも偉い人なのかもしれません)
それで、価格とはなにかといえば、人の欲望を数値化したものなわけですから、需要と供給のバランスを変えてやれば、人の欲望も喚起できるのです。
需要の側は操作できません。
需要、つまりこの場合アニメオタクですが、彼らの総数を増やすなんてことは、よっぽどの天才アニメーターでもない限り不可能です。

ですが供給の側は操作できるのです。
朝比奈のようなレアな名字をつければ、田中のような平凡な名字よりも数として少なくなり、結果品薄状態を生み出すことができます。
エアマックス状態です。
だから、萌えポイントも増大するのです。

レアな名字をつけることのメリットの一つは、こうした「数の少なさ」によって欲望を喚起するところにあります。
で、もう一つのメリットなんですが、それは次回。



名探偵西園寺万五郎がアニメを斬る!トップへ

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/29825873
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
人気記事
    ×

    この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。