初めての方はINDEX(目次)へどうぞ。

2007年01月02日

大晦日の秋山・桜庭戦

明けましておめでとうございます。
本年もよろしくおねがいスマッシュヒットどまりのくるり。


無駄なギャグがスべったところで、ちょいと大晦日の格闘技番組についてコメントを。


秋山・桜庭戦ですが、テレビで見ていて試合の途中で、桜庭がストップを要請していたのは気づいてました。

グローブでもずれたのかと思ってましたが、そのわりには、試合後の桜庭の怒りっぷりが半端じゃなく、いったい何が起こったんだか、テレビ見てただけではわかりませんでした。

ネット見てみたら、どうも桜庭は

「秋山の体が滑る」

のでチェックするように言ってたみたいです。

ところが、レフェリーは再三にわたる桜庭の要請を無視。
結果、桜庭がボコボコに。

本当に秋山がワセリン塗ってたのかどうかは知りませんが、桜庭は自分が負けそうだからってことで、そういうウソを言う人間には思えませんしね。
それに、秋山は柔道時代にも、相手選手から
「道着がぬるぬるする」と言われて、背番号なしの替えの道着で試合した「前科持ち」ですし。


正直、今の秋山と桜庭の実力を冷静に比較すれば、秋山のほうが上だと思います。
試合前から、私はそう思っていて、それでひどく憂鬱でした。

というのも、桜庭はかつて私のヒーローでしたから。

私はプライドを一番最初の高田・ヒクソン戦から見ています。
それで、最初のプライドからずっと見てきたとき(というかその前のUFCからといってもいいかもしれませんが)、プライド13(シウバに負けたとき)までの桜庭というのは、まぎれもなく「ヒーロー」でした。

「ヒーロー」というのは、「物語を背負った者」のことです。
アニメの主人公たちが、大なり小なりの物語を背負っているのと同じように、あのときの桜庭も物語を背負っていました。

桜庭が背負っていたものはいろいろあるのですが、一つは「プロレス」という物語ですね。
いまの格闘技ファンには理解できないかもしれませんが、かつてはプロレスと格闘技というのは、結構近い存在だったのです。
いや、近い存在であるかのように、プロレスファンはみなしていたというべきでしょうか。
近くに長年の格闘技ファンを自称している「オヤジ」がいたら、確認してみるといいです。
だいたい、そういうオヤジの2人に1人は、かつてのプロレスファンですから。

しかし、桜庭という人はそういう色々なものを背負いながらというか背負わされながらも、あまり辛気臭くならずに軽やかでした。
そこがまた新鮮でよかった。

だけど、シウバに負けたあとの桜庭は黒星を重ねるようにもなり、怪我にも悩まされるようになります。
正直、このころの桜庭のマッチメイクとかはかなり疑問の残るものでした。
明らかなかませ犬との試合もあったし、ヤオじゃないかと疑ってしまうような試合もありました。

そのうえ、背負っていた物語じたいも、意味をなさなくなっていたのです。
今じゃプロレスが最強だなんて信じる人間はどこにもいません。
いま、プロレスという物語を背負っているのは美濃輪くらいのもんでしょうが、彼の場合、コミカルなキャラクターとしての位置づけですから。

まあ、過去の記憶に縛られているだけかもしれませんが、それでも、やっぱ私はサクのことが好きなんです。
本当はもう引退してくれればいいのに、と思っていたりはするんですが。

それで一方の秋山、これ大っきらいです。

秋山のことが嫌いになったのは、元ボクサーのなんとかいう奴(名前おぼえてない)との試合でした。

この無名ボクサーはどっからどう見ても純然たるかませ犬として、秋山と試合しました。
なにしろ、総合初挑戦のボクサー、しかもパンチ力はぜんぜんないです(ボクサーとしてもまったく活躍してません)。
タイソンみたいなハードパンチャーであれば、ファーストコンタクトのときに、緊張感もあるかもしれませんが、へなちょこパンチしか打てないボクサーなんだから、タックルにいくのもぜんぜん怖くありません。
案の定、秋山は試合早々、タックル、テイクダウンに成功。
しかも、するするとパスガードにも成功。
このボクサー、ガードポジションすら理解してなさそう。

あっというまに、マウント奪った秋山は上からパウンド降らします(パウンドというのは寝技でのパンチのこと)。
元ボクサーは、パウンドを嫌がって、下から手を伸ばして、秋山とのあいだに距離をとろうとします。

これから、総合格闘技の試合にでもでてみようかと金子賢ばりの蛮勇をお持ちのかたに忠告しておきますが、相手にマウント取られた状態で、手を伸ばすということは絶対してはいけません。
なぜなら、手を伸ばした瞬間、あなたの上になっている相手は、その手をとって腕ひしぎ逆十字固めをかけてくるからです。
要注意。

秋山は柔道出身なわけですから、当然そのくらい知ってます。
そのうえ、相手はこの程度の基礎知識すらしらない素人。
腕を極めるくらい容易なこと。

しかし、秋山はなぜか腕を取るそぶりすらみせず、パウンドの雨あられ。
たまらず、ボクサーはタップしました。

なんじゃこれ?

明らかなかませ犬に必要以上のダメージを与えるのが柔道家なのでしょうか?
柔道家うんぬん以前に、人間として間違ってると思います。
これが、相手がヒョードルとかの強敵であれば、私もそうは思わなかったでしょう。
そもそも、ヒョードル相手に秋山がマウント取れるとも思いませんが、ヒョードル相手にこういう行為をするのはぜんぜん意味が違います。
相手の心まで折るという戦い方を、残酷だからという理由で否定したりはしません(まあ、この感じかたは道徳的にどうかとは思いますが)。

しかし、この場合、相手はかませ犬なのです。
そもそも、折るべき「心」なんてありません。
ファイトマネーさえもらえばそれでいいとでも思ってる輩です。
だから寝技の基本的な知識すらない。
秋山だって、この試合が「自分を勝たせるための試合」であることくらい承知しているでしょう。
自分を「強者」に見せるために、目の前にこの「弱者」が置かれたことくらい理解してるはずだし、理解してなかったら、それはただのバカです。

自分の「強さ」をこんなかたちでアピールした秋山という人間が私は心底嫌いになりました。


で、上でも書いたように、私は今の秋山は桜庭よりも強いと思ってましたので、この試合見る前から嫌な気持ちでした。
なにしろ、かつてのヒーローが、大嫌いなナルシスト野郎に負けるのを見なきゃいけないわけですから。
ガンダムでたとえるなら、アムロがマ・クベに負けるような感じです。
それって、辛いでしょ?


ところが、秋山のぬるぬる問題によって、この試合はどっちつかずの結果に。
私の気持ちもなんか、微妙です。
ちゃんと覚悟してたのに・・・。


これが試合のレフェリーのブログ

http://blog.livedoor.jp/umekilab/archives/50813800.html#comments

しかし、コメントが5000超えてるって・・・すご

この記事へのコメント
全く同感ですね。 自分も桜庭が秋山に引導を渡される覚悟で観戦してました。 長い間プロレスー格闘技を見てきたつもりですが、この試合はワースト1です。大晦日ですからね。常人では考えられない世界に触れてしまった気がして、ストレスたまる一方です。秋山とK1は桜庭に対するリスペクトどころか、侮辱いや凌辱といったところでしょうか。
Posted by 原 at 2007年01月02日 14:24
はじめまして。

秋山は私のなかでは、いちばんのヒールになってますね。
桜庭にリベンジしてもらいたいところですが、
今の桜庭では、ヌルヌルなしでまともに戦ったところで勝ち目は薄いように思って、
そこが辛いところです。
ほんとにストレスたまります。
Posted by 万五郎 at 2007年01月02日 14:37
私も幼い頃からプロレス見てました。PRIDEも桜庭全盛期から見てました。だからこそ、今回の試合は許せません。秋山が勝つんじゃないか…ぐらいのことは私も思っていまし、桜庭が負けてもきっといい試合をしてくれると思ってました。が、あんな屈辱が待っているなんて。まっとうな格闘技ファンは、みんな怒ってます。秋山と桜庭じゃ、格闘技界において背負ってきたものとか、歴史とかが全然違うから。心底格闘技が好きな人で、桜庭選手が嫌いな人っていないんじゃないかな。それだけ、桜庭選手はヒーローだった。私もプロレスから総合格闘技に移行したのは桜庭選手の影響でしたし。総合格闘技がここまで人気が出るのに、彼はどれだけ貢献したか…。と考えれば考えるほど悲しいです。
Posted by あきら at 2007年01月05日 00:55
たしかにプロレス→格闘技という道をたどった人間にとっては桜庭という存在は大きなものなんですよね。
よくわかります。
私の場合も入り口になってくれたのが桜庭でしたから。
もっとも、プロレスのほうには今じゃ興味がなくなってしまいましたが。
K1は秋山をスターにしようとしているんでしょうか?
人気でないと思うんですけど。
確かに打撃のセンスとかは、かなりいいものがあるとは思いますが。

Posted by 万五郎 at 2007年01月05日 12:22
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
人気記事
    ×

    この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。