初めての方はINDEX(目次)へどうぞ。

2007年01月18日

萌える名前の作り方番外編 桜蘭高校ホスト部



このアニメは私のお気に入りです。
かなりのフェイバリットですね、これ。

アニメが良かったので、マンガも少し読んではみたのですが、個人的にはアニメのほうがずっと好きです。

庶民の出ながらも成績優秀な藤岡ハルヒが特待生として、金持ち学校の桜蘭高校に入りホスト部と出会う、そこでのドタバタがこのアニメの見せ所です。

実はこのアニメのギャグ自体はそれほど面白いものではありません。
まず金持ちの世間ズレを笑う、というギャグは、おぼっちゃまくん、白鳥麗子でございます、等々、いくつものマンガで散々やられてきたことですし、目新しさがないです。
こんなこと言っちゃなんですが、どういう方向性で笑わせたいのかということを考えると、その方向性は極めて平凡なものだと思います。
(いつもギャグがスベってる私に言われたかないでしょーがね、ホスト部も)

しかし、このアニメは見せ方がとても上手いのです。
なんといっても登場人物がよく動くし、色彩もカラフルだし、ただ見ているだけでわくわくして楽しい。
ギャグの質が平凡という欠点も、こういう質の高いアニメでやられると、かえって長所に見えてくるから不思議です。
センスの高いギャグよりも、ある程度ベタなほうが、安心して楽しめますしね。

見たことのない人は、この「桜蘭高校ホスト部」という名前で妙な嫌悪感を持ってしまうと思います。
実は私もそうでした。

ホスト部って・・・ナニこの名前、いかにも下らなそう、とか思って。

しかし、このアニメを見終えたあとは、あなたもきっと、ハルヒと一緒に
「自分はホスト部が大好きです!」
と叫んでいるはず(たぶん)。

疲れて難しいことを何も考えたくないってなときには、このアニメをオススメします。
(なんか私は誉めるのが下手ですね。大好きなアニメでも半分ケナしてるし)


一応、これは萌える名前の作り方の一環として書いているので、ホスト部のメンバーの名前も取り上げます。

藤岡 ハルヒ
須王 環
鳳 鏡夜
常陸院 光
常陸院 馨
埴之塚 光邦
銛之塚 崇


やった!!!
奇跡的にレアな名字がそろい踏みしてます。
これならなんとかなりそうかも?
(自分でこのアニメを選んだくせにこんな言い方もどうかと思いますが)

前の文章ですっかり書き忘れていたのですが、レアな名字をつけられているということは「非日常憧れ型」のキャラクターであることを意味します。

当たり前といえば当たり前なのですが、作者が読者と近い「共感型」のキャラクターを作ろうと思ったときに、常陸院なんていう名字をつけたりしません。
どこにでもいそうな少年を描こうと思ったら、ごく普通の名字をつけるのが当たり前ですよね。

ホスト部のメンバーは、
須王、鳳、常陸院、埴之塚、銛之塚と変わった名字ばかりです。
この6人はみんな、金持ちのぼんぼんです。
そして、それぞれにマンガ的なキャラづけがされています。

たとえば埴之塚 光邦(ハニー先輩)のロリショタ系とか、
鳳 鏡夜の「いつでもクールで金に細かい」とか、
常陸院ブラザーズ(あ、これ双子です)の「他人をオモチャにして楽しむ快楽主義者」とか。

こうした、「変わった名字+キャラ重視」の登場人物のなかに、一人だけ、普通の名字の登場人物がいます。

「藤岡」ハルヒです。

このごくごく平凡な名字をもった少女は、ホスト部のなかで一人だけ庶民、しかも女という役回りを与えられています。

このように「ホスト部」のなかでは、「非日常憧れ型」と「共感型」の二つの手法で名前がつけられています。

須王 環ら金持ち集団が「非日常憧れ型」、藤岡ハルヒが「共感型」です。

なぜ、このように異なる性質の名前が混在しているのかという理由は二つ考えられます。


一つは、金持ちと庶民の境界線を名前で分けているということです。

このアニメには「金持ちの世間ズレを笑う」というタイプのギャグがよく出てくるのは上で書いたとおりです。
世間ズレした金持ちは、「非日常的」なものです。
それで、このキャラクターは「非日常的」なんだということが、一目で分かるように、埴之塚、常陸院という変わった名字がつけられているわけです。
こうした、非日常的なキャラクターのなかに入れられた、「藤岡」ハルヒの役割は、これらのキャラをツッコむことにあります。

もっともツッコむとは言っても、漫才でのそれのように、声を張り上げて相手の間違いを訂正するということをハルヒはあまりしません。
だいたい、呆れたようにぼそっとつぶやくことが多い。

しかし、ツッコミの役割というものを「非日常的なボケを常識的な日常へ観客を戻すこと」だと考えれば、ハルヒがツッコミを担ってると

いう話も理解してもらえると思います。
そういう役割だからこそ、ハルヒには藤岡なんていう、われわれの日常に近しい、普通の名前がつけられているのです。


次の理由なんですが、この桜蘭高校ホスト部はもともと少女マンガが原作なわけです。
とすると、読者が自分をかけあわせてみるのは、当然唯一の女であるハルヒです。
だから、感情移入しやすいように、普通の名字をつけていると考えられます。
ホスト部は、女一人の美少年複数という、逆ハーレム状態なんですが、主役のハルヒは恋愛事にとことん鈍い、冷めたキャラとして設定されています。
彼女には女らしい媚びがほとんどありません。
それなのに、ホスト部の面々からはもてまくっています。
ある意味、これって女の理想なのかもしれません。
男には媚びないけど、男(それも複数の美少年)からちやほやされるってのは。

ところで、このアニメを一話からずーっと見たことのある人なら分かると思いますが、このアニメは前半と後半ではかなり趣きが違います。

前半は、純然たるコメディで、ホスト部の面々もいかにもキャラクター的な振る舞いをします。
ハルヒ以外のホスト部のメンバーがそれぞれ好き勝手に振る舞い、ハルヒがそれに呆れるというパターンが多い。
前半部分での彼らは、その名字のとおり、「非日常的な」キャラクターです。
別の言いかたをすれば、内面性を感じさせないということです。
普通に生きている人間なら、だれもが多少の悩みや心の痛みを感じていますが、ホスト部の面々はそういう内面があるのだとは感じさせません。
悩みなんてなにもないかのように、カラフルな画面のなかで、彼らははしゃいだり、おどけたりしています。

ところが、後半になると、いかにもマンガ的なキャラクターであった彼らも、それぞれに実は心に傷を負っていたことが描かれます。
もっとも、そうした内面のトラウマの描写があるのは須王 環、鳳 鏡夜、常陸院 光、常陸院 馨の四人で、ハニー先輩とモリ先輩は、ずっと「非日常的な」キャラクターのままですが。

非日常的なキャラにも「実は内面の葛藤や苦しみがあるんだよ」という物語上の流れがあって、そこが視聴者を感動させるポイントになってます。
つまり、最初は「非日常憧れ型」であったものが、「共感型」に変容していくわけです。
須王、鳳、常陸院というレアな名字が、藤岡という普通の名字に近づいていくような感じです。
ホスト部の連中は、ハルヒと出会うことで、心を開いたり、心の傷を癒したりしていくわけですが、これを考えると妙にシンクロしてますね。


これと同じようなパターンのアニメって他にもたくさんあって、たとえば、ハルヒつながりということで「涼宮ハルヒの憂鬱」なんかもそうです。



涼宮ハルヒは、最初、傍若無人で、しかも電波がはいってるとんでもない女として登場してきます。
彼女の気ままな行動に、キョンは振り回されまくるわけですが、後半になると、ホスト部と同じように、彼女の内面描写がなされます。
「非日常的」なキャラクターの、内面描写による「共感型」キャラへの変容という意味では、これも同じパターンです。

アニメでは、そのシーンがなかったのですが、小説のほうを読むと、他の朝比奈みくる、長門有希も、まったく同じ変容が見て取れます。
とくに、長門有希。
知らない人のために説明すると、この長門というのは、宇宙人につくられたアンドロイドなのです。
だから、感情なんてないのがとうぜんですが、この長門でさえ、「実は内面があって、ちゃんと感情がある」ように描かれています。
そして、その感情があるという部分に、キョンは惹かれていくのです。


桜蘭高校ホスト部、涼宮ハルヒの憂鬱、この二本のアニメは、2006年にとても人気があったアニメですが、ある角度から見るとどちらも同じパターンを持っています。


それで、今度はこれの逆バージョン、つまり、最初は内面描写が優っているのに、次第にキャラクター化していく、マンガ、アニメはなにかないかと考えたのですが、ちょうどいいのが見つかりませんでした。
いや、一つ思いついたのが、「エンジェル・ハート」だったのですが、「非日常憧れ型」と「共感型」という仕分けでは、上手くいかないのです、これ。
まあ、いつか書いてみたいと思ってるんですけど、シティ・ハンターとエンジェル・ハート。

これで萌える名前の作り方は終わりです。
こんなくだらない企画をここまで長くやることになるとは思いませんでした。
だけど、書いてて楽しかったかも。
かなり、こじつけが多かったですが。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/31652224
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
人気記事
    ×

    この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。