初めての方はINDEX(目次)へどうぞ。

2007年02月06日

初めてエロゲーをやってみた fate/stay night 購入

やってみたのは、これ。


Fate/Stay night 初回版
Fate/Stay night 初回版
TYPE-MOON 2004-01-30
売り上げランキング :


Amazonで詳しく見る
by G-Tools




ということで、今回はfateの攻略というか、鑑賞記というか、レビューというか、まあそんなもんです。


まず、初めになぜこのfate/stay nightをやろうと思ったのかってぇと、これのアニメを見たからです。
このアニメは、本当に歯がゆかった。
これってやりかた次第で、もっと面白くできるんじゃないの?っていう疑問が最初から最後までつきまとって仕方がなかったのです。
ネット見ると、ゲームはもっと面白いっていう意見が多かったし、んじゃゲームやってみようか、と。
それにエロゲーってのも、一回はちゃんとやってみないとね、と思ってもいたことだし。


ってことで、近くのパソゲー扱ってる店にいったものの、これ中古なのに七千円ぐらいしやがる。
たけぇー。
高すぎるよ、おい。


私は、五千円以上の商品を購入する段になると、

足が諤々震える、

唾液が出なくなり、口中が乾く、

なぜか、近親相姦でもしているような取り返しのつかない過ちを犯しているような気分になる、

等々の不快症状に見舞われる体質なのです。
ま、簡単に言えばケチ、吝嗇、守銭奴ってこと。
なので、ゲームの箱を握り締めたまま、しばし思案にふけること二十分。

七千円を他のことに使えば、どんなものが買えるんだろ?
今はいてるリーバイスのユーズドタイプのジーンズはバーゲンで、五千円で購入したものだから、これ一本買ってお釣りが二千円もくる。
このリーバイスだって、散々迷ったあげくに、東京タワーから飛び降りるつもりで買ったものなのに、それを二千円も上回る金額をエロゲにつぎ込むのは、はたして正しい行為なのか、如何?
リーバイスとエロゲってどっちが経済的重要度が高いの?
どっちがえらいわけ?


しかし、私の懐具合と七千円とエロゲーとのバランス感覚をじっくり賞味しているような、そんな安閑とした状況ではなかったのです、実は!!

というのも、私がfateの箱を握り締めたまま突っ立ってたのは、18禁ゲームのコーナー。

周りには、夜勤病棟とかのナース陵辱もの、実の妹を調教できるという鬼畜きわまりないゲーム、女性をストーキングしたあげくにレイプまで可能な、犯罪そのもののゲームが並んでます。
買おうとしているfateは、エロシーンはオマケみたいなもんで、決してエロメインではないのですが、この環境のなかに突っ立っていれば、皆に私が「エロがメインの人」であるとみなされてしまうのは必定。


これで、この店が大きければよかったのですが、あいにくと小さい。
なので、エロゲーコーナーにたたずんでいる私の姿が、カウンターから丸見えです。

しかも、運悪くそのときカウンターでは、自分のやりおえたゲームを買い取りしてもらうためにきた大学生くらいの男が立っています。
男が手にしているのは、プレステ2の鉄拳。
鉄拳男は、エロゲーコーナーに立ちすくんでいる私を憐憫のまなざしで眺めています。
しかも、半笑い。ムカっ。

「fateはエロがメインじゃないんだっ」と私は心のなかで、声にならない抗議をしてもそれが鉄拳男に届くはずもない(当たり前)。
鉄拳男は「エロがメインの人は哀れだなぁ」的視線をちらちら寄こしながら、買取りをすませ、立ち去っていったのでした。

・・・・・・

ナニ?この屈辱感。
コンシューマー機がそれほどエライってのか、バカヤロー!
てめぇなんざ、プレステの角に頭ぶつけて死んじまえ。


ひとしきり、エロゲーコーナーで変な屈辱感に打ちのめされていた私ですが、ここで無為に時間をつぶしている場合ではないことにハッと気づいた。
そうだ。
ここでまた別のドラクエ男とか、ファイナルファンタジー女とかが現れたらさっきの二の舞になってしまう。
あまつさえ、昨今のことを考えると、脳トレ爺さん、脳トレ婆さんが現れてもおかしくはない。
ここは、そんなデンジャラスゾーン。
さっさとこのゲームを買って、初夏にふくさわやかな風の如く脱出せねば。


ということで、さっきまでの金銭的な苦悩もすっかり忘れ去り、fateのでっかいゲーム箱を私はカウンターに差し出したのでした。


さすがに、こんな店で働いているくらいだから店員もこれがどんなゲームかということが分かってるらしく、

「パソコンのスペックは確認されましたか?」

と、いたってビジネスライクな対応。

いやー、やっぱ、いいね。
ちゃんと、まっとうな知識を持ってる人ってのは。
妙な誤解がなくて。
つーか、もし鬼畜系のゲーム買ってたとしても、こんな感じの接客なんでしょうけど。


ふぅ。なんかゲーム買うとこだけで長くなってしまった。
ということで、プレイの感想は次回。

Fate/Stay night 初回版
Fate/Stay night 初回版
TYPE-MOON 2004-01-30
売り上げランキング :


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
タグ:Fate/stay night
この記事へのコメント
お話を聞く限り
健常ゲーコーナーとエロゲーコーナーが隣り合ってると言う当たり結構マニアックな店でしょうから
その鉄拳男の笑みは案外、仲間を見る目かもしれませんよ「君もか!」みたいなw

結構最近の若い人はエロゲーをフランクにやるようですし、アマゾンなどのおかげで昔より恥ずかしい思いをしないでアダルトグッズが買える様になったせいかユーザーは相当増えた事でしょうね。
昔のような背徳感よりも普通のお馴染みの品として生活に馴染んでるきさえしますw。
Posted by 通りすがりの黒兎 at 2009年10月10日 11:47
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/32954132
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
人気記事
    ×

    この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。