初めての方はINDEX(目次)へどうぞ。

2007年04月28日

Darker than Black


一話目を見た段階で、何をとち狂ったのか「応援宣言」してしまった、
Darker than Black 黒の契約者。


応援するとかいった割りには、その後、特に触れることもなく、
ナニワ金融道だとか、「藤原紀香よりテッサとエッチしたい」とかいう、
妙な文章を書いてるだけだったんですけど、
Darker than Black、一応見てますよ、ちゃんと。


しかし、Darker than Blackって、タイトルが長い。
いちいち、Darker than Blackって書くのもメンドいです。
略称って既にあるのかどうかわからんけど、ここは一つ私が略称を考えてみた。
「ダカダン」ってのはどうだろう?
ドリカム方式の略称ってことで。


しかし、このアニメを応援宣言したのは間違いだったかもしれん。
ちょっと後悔してる。


こんなことを書くと、


「あ、ダカダン(←もう浸透してる)って詰まらないんだ」


とか思われるかもしらんけど、それは違います。


普通に面白いです、このアニメ。
(まあ、主人公の名前を未だに覚えてなかったりはするけど)


アクションシーンとかもそれなりに見応えあるし、雰囲気とかもいい。
ストーリーに関しては、まだ面白いのかどうかの判断がつかないけども、まあ、とんでもない駄作になることはなさそう。


今のところは普通に良作っぽいんだけど、なぜ、私が応援宣言を後悔してるのかっていうと、このアニメには「どっちに転ぶかわからないドキドキ感がない」から、なわけですよ。


たとえば、エヴァンゲリオンをリアルタイムで見ていたとする。
そうするってぇと、その間のエヴァというアニメに対する感情の振幅ってスゴいもんがあると思う。


最初のころは面白かったのに、後半になって、あの自己啓発セミナーみたいな展開に唖然として、「庵野死ね」って思ったり、劇場版第一作目を見ては、「うっわ、なにこの戦闘シーン、神」って興奮してたら、二作目でろくでもないもんを見せられて「庵野死ね」に逆戻りしたり。


なんかこういう、一歩先は傑作か駄作か、神か悪魔かっていう、デッドオアアライブ感が欲しい。
「どっちに転ぶんだろう?」っていう切羽つまった感じが、このダカダンにはない。
それほど酷いことにもならないだろうし、かといって、こっちの予想を上回るものも、また出てこなそう。
ふつーに地味ながらも良作というところに落ち着きそうな感がある。


「どっちに転ぶんだ?」っていう切羽詰った感覚を味わいたくて、あえて一つのアニメを応援してみたのに、なんだか思いっきり選択ミスしてるかな、こりゃ。


そういえば、このアニメの前にやってたコードギアスなんかは、そういう意味では「応援しがいのある」アニメだったわけだけど。
ああ、近頃見終わったラーゼフォンなんかもそうです。
デッドオアアライブ感がありありのアニメだった、あれも。
って、なんだかロボットアニメばっかだけど。


まあ、そんなわけで「地味な良作」というところに落ち着きそうな、Darker than Blackではあるけれども、これからは気が向いたときにでもレビューしてみます。
たぶん、そのころには主人公の名前も覚えているはず。



この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/40274827
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
人気記事
    ×

    この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。