初めての方はINDEX(目次)へどうぞ。

2007年07月22日

あえて「時かけ」のアラ探しをしてみる

今、「ゲーム会社の時価総額ランキング」っていう記事を作ろうとしてるんだけど、これが結構、大変。

上場してるゲーム会社って、ちょっと多すぎですよ。
ランキング作る、こっちの身にもなってほしい。
めちゃくちゃ勝手な言い分だけども。

あ、それから、前回の「アニメ会社の時価総額ランキング」っていう記事は、書き終わってから「あ?これ、すんごい長文」って気づいたんだけど、読んでくださった方、どうもすみません。
無駄な時間とらせちゃって。

ところで、さっき、テレビで「時をかける少女」をやってたんで、つい見ちゃいました。
DVD持ってるんで、見る必要なんてなかったんだけど。
もう3回見ちゃってるし。

ついでに3回見たごとの感想。

1回目ー「いい青春映画だな」と思った。

2回目ーなぜか知らないけど、涙が出た(たぶん、ビール飲んでたせいだと思う)。

3回目ーなぜか知らないけど、ボロ泣きした(たぶん、焼酎を飲んでたせいだと思う)。

もう時かけについては3回も書いちゃってるんで、くだくだしい事は書きませんけど、この映画は好きです。
大好きです。
だいしゅきデス(あえて幼児ふうに言ってみた)。

もう、このアニメに対する愛情表現は十分にしつくしちゃってるんで、今日はあえて、時かけのアラ探しをしてみようと思います。
好きな女の子のスカートめくりするような気分で。

まず、思いつくのがタイムパラドックスの件。

しかし、これは私の場合、ぜんぜん気にならなかった。
はっきり言って、私の脳みそは普通の人よりゆるゆるに出来てるんで、そういう細かいことは気にならんのですよ。
推理小説読んでも、犯人を当てたことなんて一度もないしな。なはは。

次に声優が下手だ、っていう件。

仲里依紗

この真琴役をやった仲里依紗って人は、もともとモデルなんですか。
なんか、スウェーデン人のクォーターらしいけども。
しかし、この人の名前ってどこで区切ったらいいのかわからん。
仲里 依紗だと思ったら、仲 里依紗(なか りいさ)らしい。

普通の声優さんに比べると、この人の声って明らかに低い。
だけど、女子高生の声にはちゃんと聞こえる。
というか、実際に女子高生なんだろうし。
声優の人が女子高生役をやると、一般的な女子高生よりも声が高くなる傾向があるような気がする。
まあ、平野綾とかは、低めの声を出してるけど。

この仲里依紗っていう人の演技はたしかに下手だと思う。

だけど、これは、そんなに気にならなかった。
かえって、新鮮だったくらい。
声優の演技って、たしかに大したもんだとは思うけど、たまにはこんなのもあっていいと思う。

これは、私が声優アイドルにまったく興味がない、ってことも影響してるんだろうけど。
まあ、トトロの糸井重里くらい、下手だとさすがに殺意がわくけどね。

たぶん、時かけに対するアラ探しってのは、上の二点がいちばん多いんだろうけど、私はそんなに気にならなかった。
そんなことよりも、気になったのがコレ。

・作中に出てくる絵がしょぼい。
tokikake.jpg

いや、絵に対する評価なんて、人それぞれだとは思う。
思うけれども、コレって、いい絵ですか?

私には、これがいい絵だとはとても思えないんだけども。
どこがいいの、コレの。
なんか、美大生が、環境保護がどうこうとか、理屈つけながら製作した絵に見える。

千昭は、この絵を見るために、わざわざ未来からやってきた、ってことになってるけど、こんな絵を見るために、そんな苦労をした千昭の精神状態をちょっと疑わざるをえない。
なんで、こんな絵がそんなに見たかったんだろ、千昭は。

時かけに対する私の一番の不満がこれ。

・・・って、すんごくしょうもないところで文句をつけてるな、私は。
一番、しょうもねぇーよ。






この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/48809786
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
人気記事
    ×

    この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。