初めての方はINDEX(目次)へどうぞ。

2007年07月31日

任天堂の株価推移をまとめてみた

アニメ会社の値段(時価総額)ランキング

この記事をアップしたのが、7月18日。
記事の中で、日本全体の企業の時価総額ランキングを5位まで紹介しているんだけど、その後に、こんなことを私は書いている。

ところで、日本企業全体の時価総額ランキングを見ていたら、10位と11位の企業がすごく面白かった。
その並びを見てると、ちょっと笑えるんですけど、これは、次回の記事に使わせてもらうので、今は書きません。

このとき、Yahoo!ファイナンスの時価総額ランキングの10位と11位はこうなってました。

jikasougakuranking.jpg

この記事を書くときに調べてたら、たまたまランキングがこの状態だったわけです。
これ面白いなー、と思って、ソニー、任天堂、それにマイクロソフトと、ゲームのハード機を発売してる会社の時価総額比べみたいな企画をやろうかな、と思ってた。

だけど、その1ヶ月前くらいに、任天堂、時価総額一時ソニー上回る」っていうニュースが配信されてたみたいです。
思いっきり出遅れた・・・・。

なので、この企画は時機を逸してしまってるんで、止めることにしました。
あと1ヶ月くらい早めにやっておけば、ロイターとか出し抜けたのになあ。
ロイターって何なのか、いまだに理解してなかったりするけど。

ついでに、一応、時価総額順に並べてみると、こうなってます。

マイクロソフト 33兆円(1ドル120円で計算)

任天堂     8.2兆円

ソニー     6.3兆円

しかし、この時価総額ランキングを見ると、任天堂の時価総額はソニーを上回っているだけでなく、
10位 武田薬品工業
9位 NTTドコモ
8位 ホンダ
7位 日本電信電話(NTT)
をも上回って現在6位なんですけど、これって、いくらなんでも高すぎじゃないですかね?
ホンダ、NTTよりも上っていうのは、ちょっと過大評価のような気がしないでもない。
まあ、私の予想はよく外れるんで、軽く無視してもらってかまわないんですけど。

さて、このように、任天堂、ソニー、マイクロソフトの時価総額比べがぽしゃったので、代わりと言っちゃあなんですが、任天堂の株価推移を見てみよう、という企画を考えてみました。

実は、任天堂には、あまり注目してなかったので、どんなふうに株価が推移してきたのか、まったく知りません。
なので、個人的な興味も結構あったりして。

任天堂の過去数年の株価推移はこうなってます。

nintendoukabuka2.jpg

綺麗な右肩上がりのチャートになってますが、最近の上昇ピッチはかなり激しいです。
2003年あたりの株価がだいたい1万円くらいだから、数年で5倍になってます。

このチャートでは2003年くらいまでしか載ってませんが、2001年から2002年にかけて、株価は2万円から1万円近辺まで下がってます。
で、2003年で底を打ち、そこから上昇トレンドへ、という流れです。

仮に2003年あたりの株価、1万円で買っていたとしたら、株価が五倍近くになっているだけでなく、今の配当が一株あたり700円。
つまり、7%の配当利回りってことですか。
うらやますぃ。

こうしてみると、2003年が底だったわけですが、この当時はたしか任天堂に対する悲観論がかなり強かったように記憶してます。
ある株の雑誌には「任天堂はもう終わり、つーかゲーム業界自体がもう終わってっから」みたいなことを書かれてました。

これは別に、日本だけの見方ではなくて、たしか外資系の証券会社も、「任天堂は売り」というレポートを出してたはずです。
ちょっと業績を見てみると、2004年の経常利益は前年の半分まで落ち込んでいたりするので、株価の下落も、これを見越してのことだと思います。
だけど、本業での儲けを表わす営業利益は増益だったりするんですけど。
私の場合は、経常利益よりも営業利益のほうを重視してるんですけど、一般的には経常利益を重視するのが普通なので、株価の下落もそれなりに理由のあってのことではあります。
だけど、営業利益が増益の会社の株が1年で二分の一っていうのは、過剰反応のように思いますけどね。
(まあ、後からは何とでも偉そうなことは言えるんで、ここらへんは軽く聞き流しちゃってください)

現在の任天堂の好調が始まったのは、ニンテンドーDSの空前の大ヒット、なのは誰もが認めるところだと思います。
WiiはまだDSのように覇権を握った、とはいえない状況かもしれませんが、Wiiの好調も任天堂の業績にはプラスに働いてますね。

では、DS、DS Lite、それにWiiの発売日をこのチャートに示してみると、こうなります。

DSetc.jpg

こうしてみると、Wii発売後の上昇ピッチが急すぎるような気がします。
Wiiが次世代ハードで確固たる地位を占めたわけではないというのに。
Wiiは必ず、次世代ハードで勝ち残るという、確信があって買ってるんですかね、みなさん。

それに比べると、DS発売後の1年って、あまり上がってないような気がしません?
というか、多少下がっている局面もあるくらいです。

Wiiも好調ではありますが、それでも商品としてのインパクトとしてはDSのほうがはるかに上のはずです。
年寄りが携帯ゲーム機を買う時代が来るなんて、だれが想像したでしょう?
ありえないことをやってのけた商品がDS。
近年の日本でいちばんのヒット商品です。

で、その年寄りがゲーム機を買うというありえない状況を作り出したのが、このソフト。

東北大学未来科学技術共同研究センター 川島隆太教授監修 脳を鍛える大人のDSトレーニング

脳を鍛える大人のDSトレーニング『ウィキペディア(Wikipedia)』

その後、2005年の9月にはお年寄りへの敬老の日のプレゼントとして選ばれるという、従来のゲームソフトでは見られなかった珍現象が起こる。発売初週は5万本弱を販売した後も順調に販売本数を延ばし、9月には週3万5000本を超え、売上は発売4ヶ月で30万本を売り上げる大ヒットとなる。その後も売れ続け、発売から6ヶ月後の2005年11月には累計70万本を突破。年末のクリスマス商戦で累計100万本を突破し、ほぼ同時期にDS本体も売り切れるという大ヒットにつながった。


DSを空前のヒット商品にしたのが、このソフトであることは疑いの余地がないと思います。
やっぱり、これがなければ、DSは今までの携帯ゲーム機とそう大して変わらなかったはず。
脳トレがなければ、ドラクエがDSで出るなんていうこともなかったでしょうし、なんだかんだ言っても脳トレの存在が任天堂に与えた影響は大きい。

で、脳トレの発売日と、脳トレが100万本突破した時点をチャートに示してみるとこうなります。

noutore.jpg

こうして見ると、「脳トレが年寄りの間でヒットしてるらしい」という情報を聞いた後で、任天堂の株を買っても「十分儲かっていた」ってことになりますね。

私はゲームオタクじゃないのでゲーム関係の情報には詳しくないですが、ゲームオタクの皆さんには、儲けるチャンスがちゃんとあったわけですよ。
すぐ目の前に。
・・・・・・・・ご愁傷さまでした。

ただ、当時、コアなゲームファンは、DSを過小評価してたような記憶があるんで、ゲームオタクだったら儲けられたはず、ってのはあたらないかもしれないですけど。


[今回の記事を書いてみて思ったこと]
株の世界では「ダメ企業が復調したときが一番儲かる」とか言いますけど、任天堂はまさにソレです。
PSに負けてたときも、ずっと黒字だったし、保有してる金融資産はちょっとした国家予算なみの任天堂をダメ企業というのは不適格かもしれないですけど、実際、当時はダメ企業とみなされてましたからね。
少なくとも株式市場にまったく期待されてない企業だったのは事実。

それともう一つ、年寄りに何かが流行るときは、じわじわ流行るな、と。
何かが流行ってる、っていう情報を聞いた後でも、十分についていけるんですね、年寄りの場合。
若者の場合だと、流行り廃りが激しいので、そういう情報はすぐ劣化してしまうんだけども。
脳トレも結局、300万本の売り上げを記録したらしいし、続編の
東北大学未来科学技術共同研究センター 川島隆太教授監修 もっと脳を鍛える大人のDSトレーニング
これは、400万本らしいし。

これからは年寄りに何が流行るかを常にチェックしないといかんな、と。

それにしても気になるのは、DSを脳トレ目当てで買った年寄りは、その後、いったい何のソフトを買っているんだろう、ってこと。
気になりません?
私はめっちゃ気になるんですけど。
マリオとかは、年寄りには絶対ムリだろうし。
(そもそもマリオが小さすぎて、視認が不可能)
RPGをやるとも思えないし。
(魔法の名前を覚えられなそう)
何のソフトを買っているんだろう、しかし。
どこか、調べてくれればいいのに。

今、ちょっと思いついたんですけど、DSで本の発売ってできないのかな、って。
朗読つきで。
年取ってくると、字が読めなくなるし、朗読つきだったら需要はあるんじゃないか、って思うんだけど。
一本あたりの値段もかなり安くできるだろうし。

だけど、それなら、字がデカい本だしたほうがずっといいのか。

[おすすめ本]
ピーター・リンチの株で勝つ―アマの知恵でプロを出し抜け
ピーター・リンチの株で勝つ―アマの知恵でプロを出し抜けピーター リンチ ジョン ロスチャイルド Peter Lynch

おすすめ平均
stars身近なところにも、暴騰する株はあるということを指摘
stars読み物として面白い!それだけじゃない
starsすばらしい著作
stars何度でも読み直したい本です
starsすいすいと読めます

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


この本を読んでも、私のように株で勝てない人間もいるので要注意。
だけど、とてもいい本です。

あ、最後に書いておきますが、ニンテンドーDS Liteを昨日、買いました(←今さら)。
紺のヤツを買ったんだけど、これ指紋がめっちゃつくよ。
指紋ついてない状態だと、すごく綺麗なボディなんだけどなあ。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/49851715
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
人気記事
    ×

    この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。