初めての方はINDEX(目次)へどうぞ。

2007年08月13日

カイジがアニメ化らしいので・・・

カイジ:10月から日テレ系でアニメ化 「デスノート」のマッドハウスが製作

カイジがアニメ化らしいです。
とは言っても、このアニメ化情報って、以前、カイジブログさんで、日テレのプロデューサーの話が紹介されてたんで、既に知ってはいたんだけれども。

「カイジ」今秋に日本テレビでアニメ化

かなり楽しみにしてるんですけど、カイジのアニメ。
実は、ハルヒ二期よりも、カイジアニメ化のほうが期待大だったりするくらい。
そんなのは、アニオタのなかではかなりの少数派なんだろうなー。
そういえば、この前「どれくらい当たるんだろう?」と思って、アニメ最萌トーナメントを予想してみたら、Aブロック優勝と思ってたイサコが一回戦でナギに思いっきり負けてたし。
どうせ当たらないだろうとは思ってたんですけど、まさか、ここまで見当外れだったとはこっちもびっくりした。
カミナギ(ゼーガペイン)があっという間に負けるだろう、ってのは予想通りだったけど、これは当たっても全然うれしくないし(カミナギ好きだから)。

しかし、三千院ナギ1108、天沢勇子(イサコ)216って、何?この圧倒的な戦力差。
こんなんだと、いったい、どこまで私の予想が外れるのか、逆の意味で楽しみになってきた。

そんな感じで全体状況が全く読めてない私が楽しみにしてる、カイジアニメ化。
なんで、楽しみかっていうと、これは、アニメのアカギがめっちゃ面白かったから。

闘牌伝説アカギ DVD-BOX 羅刹の章

アカギがとても面白いアニメであることは、見た人ならほとんどが賛成してくれるとは思うんで、別に語りはしませんけど、アカギは今まで見たアニメのなかでもベスト10に入るくらいの出来だった。
もっとも、私はぬるオタなんで、そうたくさんのアニメは見てないですけど。

さて、原作のカイジなんですが、私の場合、そんなに熱心なファンじゃないんで、読んだところのあるのと読んでないところが混在してます。

で、その印象から言うと、この漫画って面白いところと詰まらないところがかなりはっきりしてるかなあ。

面白かったところとつまらなかったところを分けてみるとこんな感じ。

面白かった
・限定ジャンケン
・チンチロリン
・地雷ゲーム(17歩)

つまらなかった
・人間競馬
・沼パチンコ

あくまで私個人の感じ方ではあるけれども、こんなふうに仕分けできるかな、と。

このなかでは限定ジャンケンが一番面白く感じた。
こうやってみると、人間と人間がある一定のルールのもとで、知恵を凝らす「対人ギャンブル」の話を私は面白く感じてるみたいだ。

人間同士の知恵比べやそれに伴う心理的葛藤っていうのは、やっぱり見てて面白い。
福本伸行っていうのは、そういう描写に長けた人だし。
しかし、限定ジャンケンなんて、よくこんなルールを思いつくもんだな、ってホントに感心する。
ルールを考案するだけじゃなくて、そのルールを活かした戦術も考えなくちゃいけないわけだから、それってどれだけ頭がいいんだか。

で、つまらなかったほうにあげた人間競馬と沼パチンコなんだけども、これには心理的葛藤はあるけど、「人間同士の知恵比べ」っていう要素が抜けてる。
人間競馬は「落ちたら死ぬ!」という心理的な葛藤があって、その描写に延々と時間を費やしてるんだけど、結局、この話って橋の上を歩くだけ。
文学的ではあるけど、ミステリ要素が皆無。

沼パチンコ。
この話はいちばん詰まらない。
そもそも、パチンコというギャンブル自体が「機械対人間」という、極めて反知性的なものだと思う。
「魚群が出た後に、○○が出たら確変」とかの情報を覚えたところで、所詮は機械の手のひらの上で踊ってるだけだし。
パチンコ屋が大音量で満たされてるのって、あれは頭を麻痺させようとしてるんだと、パチンコ嫌いの私は勝手に思ってる。
考えてみれば、麻雀漫画はストーリーに読み応えのあるものが多いけど、パチンコ(パチスロ)漫画って、個人的な体験談とかが多いしなあ。
パチンコって、ストーリーを作りにくい素材だと思うわけですよ。

カイジでは、そういうパチンコに「知恵比べ」の要素を入れようとはしてるんだけど、そのネタが建物自体を傾かせる、とかの大雑把なものでしかない。
知能と度胸を試される勝負っていう感じがしなくて、私は退屈だった、この話。

このカイジのアニメがどこを扱うのかってのは、今のところ発表されてないみたいだけど、これまたカイジブログさんの以前の記事、

「賭博破戒録カイジ」アニメ化企画

これを読むと、「賭博破戒録」から、らしい。
「賭博破戒録」ってどこだっけ?と思ったので調べてみると、チンチロリンとこの沼パチンコのとこか。
げ!
チンチロリンはそれなりに面白かったけど、沼パチンコなぁ・・・・。

ちょっと、テンションが下がった・・・・。

まあ、これは企画段階での話なんで、確定情報ではないですが。
しかし、このカイジブログさんの記事は2006年03月15日なんだな。
(日テレプロデューサーの話は2007年04月07日)
そんなに前から企画されてたんだ。

とりあえず、楽しみに待ってよう。
制作もアカギと同じでマッドハウスらしいし。
ハルヒもとっととやって欲しい。
いつまで待たせんだ。
待ちくたびれたよ、ホントに。

カイジ―賭博黙示録 (1)
カイジ―賭博黙示録 (1)福本 伸行

おすすめ平均
stars女の子でも読むべき
stars「限定ジャンケン」とは
stars限定じゃんけんは素晴らしい
stars「現実主義者になれ」ではない!
starsこの漫画は凄い。

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


[追記]
堕天録カイジ第117話「強行」 感想
つーか、ここ読んでみたら限定ジャンケンをちゃんとやってくれるらしい。
よっしゃー、テンション戻った。
しかし、カイジブログさんっていつの間にfc2に移転してたんだ。
しかも、名前変わってるし。


[つけたし]
前回のツンデレにツインテールが多い理由っていう記事は、ニュースサイトさんなどに取り上げられる際、「吹いた」「笑った」などのコメントを頂いたんですが、実はこっちには笑わせるつもりはちっともなかった、ってのは内緒の話。
なるほど、これが芸人の世界で言う「笑わせてるんじゃなくて、笑われてる」ってヤツか。
なんか、恥ずかしいぜ、こりゃ。

まあ、確かに本気で「ツンデレ+ツインテール=鬼」説を展開してたわけじゃないんですけど、半分真面目で半分冗談のつもり、だったので。
なんか、この半分真面目で半分冗談ってのは、いつもそんな感じのスタンスで書いてるから、前回に限った話じゃないんだけどなー。
株、経済の話だけは真面目にやってますけどね。

それから、カトゆー家断絶さんは、関連として、
[ネタ]なんでツインテール娘って気が強いの?
という2006年の記事(←自分のじゃない)を付け足していただいたんですけど、この中のコメントに 『ツインテールが鬼の角みたいに見えっからじゃね?
こう、われわれは本能的に感じ取ってるんじゃね?』というのがあった。
実は、記事を書く前に、同じことがもう書かれてたりしないかなー、と思って、グーグルで軽く検索してみたんですけど、見当たらなかった。
カトゆーさんって、一体どういう情報処理能力を持ってんだろ?
不思議。
1年前の記事を即座に引っ張り出してくるってのは・・・・。
草薙素子とか、あんな感じなのかと思ったりした。





この記事へのトラックバック
人気記事
    ×

    この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。