初めての方はINDEX(目次)へどうぞ。

2007年10月05日

沢尻エリカはリアルツンデレ

昨今、沢尻エリカはリアルツンデレという認識が日本国民に広まってる様子なのはうれしい限り。

というのも、私は前々から沢尻エリカはリアルツンデレである、と思ってましたから。

彼女を初めてテレビで見たのは、たしか1リットルの涙というドラマの番宣で、いいともに出てたときだったと思います。

そのときに、妙に陰険そうな笑顔を見て「あ、こいつ性格悪そう」って思いました。

今まで一度もこんなことを書いたことはないので、証拠は何もないんですけど、まあ誉めてください。
この眼力のスゴさってのを。

あ、それから、沢尻エリカと沢近愛理って音が似てるよね。
「サワ」「エリ」って。

うん・・・・・。
「だから何なんだ?」って言われると、こっちも困るんですけど。

とりあえず、沢尻エリカがリアルツンデレである、っていう事実認定ではどこからも文句が出ないと思うんで、そこは別にいいんですけど、ところで皆さん、沢尻エリカよりも、もっと格上のリアルツンデレをお忘れではないでしょうか?

彼女はワイドショーかなんかで泣いたらしいですけど、彼女の見せる「デレ」部分って所詮、この程度でしかないんですよね。

やっぱ、それだとツンデレとしてはちょっと弱い。
もっと、ちゃんとデレデレしてほしいわけですよ、ユーザーとしては。

テレビに出るタレントがそんなにデレデレしてる場面なんて見せないだろうって思われるかもしれないけど、デレ部分を日常的に見せてる人ってちゃんといたりします。








あなたの運命開運の箱(全7冊) 平成18年版 (2006)

そう、細木先生。

細木先生といえば仏頂面か、


jigokuiku.jpg


このような、鬼面がデフォルト設定なわけですが、そんな細木先生も前々から憧れていたYOSHIKIと会うとこの表情。

hosokidere1.jpg

hosokidere2.jpg


花も恥らう乙女っていうのはこのことを言うのだなあ。
か、かわ い い

他にもタッキーのような美少年にはデレデレしてますね。
あいにく、私はタッキーのような美少年ではないんで、細木先生にデレデレされるというチャンスは一生巡ってこないんですけど。
うーん、残念。


憎たらしさと愛らしさという落差を日常的に見せてる細木先生こそリアルツンデレに相応しい逸材なんじゃないでしょうか?
私はそう確信しています。
まあ、デヴィ夫人とかを持ってこられると、その確信も揺らいじゃうんですけど。

ということで沢尻エリカさんも細木先生やデヴィ夫人に負けないようにがんばってください。
応援してます。



この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/58901697
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
人気記事
    ×

    この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。