初めての方はINDEX(目次)へどうぞ。

2007年10月07日

秋の新作アニメのちょっとした感想いろいろ

アニメは撮りダメしておいて後で一気に見る派なので、各話レビューの類はいっさいしないんだけど、秋アニメの4つくらいを一話目だけ見たので、今回はその感想。

ガンダム00(ダブルオー)

やっぱ一話目だけあって、動きとかスゴいな。
一話目はキャラの顔見せみたいな感じで、ストーリーはまだよくわからないけど、それなりに面白そうには感じた。

ガンダムのデザインに関しては、まあ別にこれはこれでいいんじゃないの、って感じ。
コマを背負っているのも、そう変には思わなかったけど。
ただ、デブのガンダムだけはちょっとありえないとは感じた。

ガンダムのデザインと言えば、
「宇宙空間で飛行形態になるのって何の意味があるの?」
ってZガンダムのころからずっと思ってたんだけど、これにも飛行形態のガンダムも登場してきてたなあ。
宇宙をスイスイ飛んでた。
で、何の意味があんの、それ?

最後に一つ、一話目を見た人だれもが疑問に思うだろうことをやっぱり私も書いておく。

ソレスタル・ビーイングというのが、戦争根絶を目指す民間の武装組織だっていうことは事前情報で知ってはいた。
しかし、そのソレスタル・ビーイングがMSの展覧会みたいなところにいきなり現れてドンパチやるとはさすがに思わなかった。
相手はただ和やかに平和的にモビルスーツのお披露目してただけなのに。
そこに自分から乗り込んでいってそのMSをめったくそにやっつけるんだよ?
それのいったいどこが戦争根絶につながるんだか。
すっごい理不尽。


カイジ

いちばん期待してたアニメ。

「ざわ・・・、ざわ・・・」の演出がちょっとばかしウザかったくらいで、おおむね予想どおり。

最初は、萩原 聖人の声はちょっと細すぎるかなとは思った。
赤木のような天才的な人間の声としては最適かもしれないけど、開司のような庶民的な人間の声にはちょっと向かないかもしれない。
もうちょっと野太いほうがいいような気がする。

だけど、その違和感も後半には消えちゃってたので、まあ問題なし。

原作マンガを読んだのがかなり前なので、細かいところは忘れちゃってたりするんで、新鮮な気持ちで見れる。
ここらへん自分の記憶力のなさが誇らしい。

それと、萩原 聖人が唄うブルハのカバー曲がこのアニメのOP。
これも、まあいいんじゃないだろうか。
もっとも、わざわざ俳優に歌わせるよりは、ブルハのリミックスでもしたほうがいいんじゃないのとは思ったけど。

アカギのOPが良くも悪くも異様な違和感を醸し出してたのに比べると、なんか普通ではあるかな、このOP。
もっともEDはアカギと同じく凄まじい違和感を発生させていたので、そこが妙に嬉しかった。
やっぱ、いいよね。
このラーメン屋で演歌を聴くようなさびれた感じってのが。


CLANNAD

あまり期待してなかったアニメ。

なんだけど、とりあえず一話目を見た限り、これはいいかもしれない。
なんかハマりそうな予感がする。

最初のモノクロの画面から色彩が、っていう演出はありふれたものだけど、それでも良かった。
これからの展開に期待感が持てた。
そういえば、ハルヒの第二話(実質的には第一話)もそうだったっけ。

ただ、Air、KanonとKey原作+京都アニメーションを見てきた経験から言うと、このアニメが面白いと思うかどうかは「あけすけとも思えるセンチメンタリズム」を受け入れられるかどうか、ってところだと思う。

自分の場合、作品の出来不出来のところで評価が分かれるわけではないと思うなあ。
まあ、これは京アニがそんなにロクでもないものを作るわけがない、っていう信頼感を土台としているわけだけど。

たとえばKanon。
私は沢渡真琴編では感動できた。
だけど、美坂栞のとこは爆笑してた。
「なんで、こいつはもうすぐ死ぬっていうのにスカートはいて外を出歩いているんだよ」って思って。
それが可笑しくてしかたがなかった。

こんなふうに、センチメンタリズムを受け入れれば感動できるし、受け入れられなければ爆笑。
たぶん、そういうタイプのアニメになると思う。
まあ、これはあくまで私の場合ですけど。

しかし、よくよく考えると「何の病気だかも(視聴者に)知らされずにもうすぐ死ぬことになっている少女:美坂栞」と「実はキツネだった少女:沢渡真琴」を比べてみれば、これ明らかに沢渡真琴のほうで爆笑するべき、だと思うな。
どうも笑うポイントと感動するポイントが真逆のような気がしてならない。

[関連記事]
クラナド1話。やはり“攻めの構成”で行くんですか、京アニさん。


オーバン・スターレーサーズ

実はこれがいちばん衝撃的だった。

あまりに詰まらなくて。

いや、寝ぼけて、ぼーっと見てたこっちも悪いのかもしれないけど、これ、すんごく詰まらなかった。
アニメの一話目を見て、これだけ詰まらなかったのは初めて。

主人公は学生らしい。
で、同級生が主人公の悪口を言っているシーンから、このアニメは始まる。
父親がどうこうとか、そういうタイプの悪口。
で、主人公の女の子がキレて「何言ってんだ、コラァ」みたいなことを言う。
主人公は直情径行な性格らしい。

どうも、この女の子の父親はレースの主宰者みたいな偉い人らしいんだけど、複雑な家庭環境なのか、会ったりすることがないみたい。
そこらへんの描写がほとんどなかったので、これは想像で補っているんだけど、まあ、そういうことらしい。

それから「父親がレースの主宰者」っていうことを書いたけど、そのレースってのがどういうもんなのか、そこらへんの描写もなかったのでよくわからない。

キレたすぐ後、手紙かなんかが来て、父親に会いに行くことに。
手紙を手渡した爺に
「あなたが若いかハンサムだったらキスしてあげるわ」
ってなことを言う主人公。
ここらへん、さすがフランス人監督が作っただけはある。
日本のアニメじゃまずありえないセリフだな、と妙なところで感心。

父親に会ってみたら、父親が自分のことを覚えてなかった。
で、「父さん、私のことを覚えてないのね」みたいなことを(心の内で)言う。

このアニメってこんな感じで、登場人物の内面描写をすべて言葉にすることで表現してる。
はっきり言えば演出が下手。

これは普通のアニメと演出が違いすぎることに脳が拒否反応を起こしてるだけなのか、それとも本当に演出が下手なのかは、さすがに一話目を見ただけじゃ分からないんだけど、とりあえず、とてつもない違和感だけは確かにあった。

ストーリーのほうは、なんだか、よくわからないうちに過去に宇宙人と戦ったことが示され、主人公は宇宙船みたいなのに乗り込んでた。
これからレースしに行くらしいよ。
レースをしてどうなるんだか、そもそもその宇宙人が何者なんだかよくわからないけど、とりあえずレースをしに行くらしいよ。
ストーリーが早足すぎてついていけねェ。

ここまで違和感を感じさせてくれるアニメって今まで見たことがなかったので、ここはあえて見続けてみようかと思う。



この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/59300770
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
人気記事
    ×

    この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。