初めての方はINDEX(目次)へどうぞ。

2007年02月28日

2006アニメベスト5

2007年ももう二ヶ月が過ぎたころに、2006年のアニメベスト5をやるなんて、遅れてるにもほどがあるって感じです。


ですが、私はいつも何故か長文を書いちゃうし、しかもそれが続きものだったりして、そのうえ悪文だったりして、軽い感じで読めるのが少ないので、こんなのもいいかと。


2006年は、私がアニメを本格的に見始めた年です。
それまでも、たまにアニメを見てはいたんですが、そんなに熱心ではなかった。
なので、個人的には思い出深い年になるんじゃないかと。
しかし、かなり見たなー、アニメ。
どんどんダメ人間に近づいていってるような気がする。


まあ、私は何かにはまると二年くらいはそればっかりになるんですが、それ以降は急に熱が冷めてしまうタイプなので、アニメを見るのも多分あと一年くらいだとは思います。
最近の出来のいいアニメは見尽くしちゃったような気がするし。


ある日、急に盆栽のことについて語りだしちゃったりしたらごめんなさい。
なんか次にはまるのが盆栽とかのような気がしてるので。


まあ、無駄話はここらへんにしてランキング。
ただ、私が見てないのもかなりある、というか見てないアニメのほうが圧倒的に多いので、本当に個人的なランキングです。
それから、どれが2006年に放映されたもんなんだか、よくわからない。
2005年から、またがって放映されてるのとかもありますが、まあ、そこらへんは適当に。



一位 蟲師




蟲師が一位ってのは、まあ妥当でしょう。
多くの人に納得してもらえるはず。


美しい映像、静かな感動を呼ぶストーリー、魅力的な世界観。
これ以外は順位付けに多少、迷ったんですけど、これだけは迷わず一位。
蟲師が一位じゃなかったらなにを一位にすりゃいいんだってな感じです。


監督は「マンガを出来るだけ忠実に再現しようと思った」と語ってますが、その「職人意識」がいい結果を生んだんでしょうね。
変なクリエイター意識を持った監督だったら、妙ちくりんなもの仕上げてしまったかもしれません。
グッジョブ!


たぶん、私の評価基準ってのは世間とはあまりズレてないような気がします。
本当だったら、世間とズレてたほうが面白かったりするんでしょうが。


それから、蟲師について詳しく書いてみたんですが、なんか長くなりそうだし、ちょっと上手くまとまるかどうかわからないので、もし書けたら今度あらためてアップします。



二位 桜蘭高校ホスト部




ホスト部については以前書いています。




自分のなかでは、涼宮ハルヒの憂鬱と同じジャンルです(ヒロインの名前も同じ「ハルヒ」だし)。
頭を使わず、気楽に楽しめるっていう。
涼宮ハルヒが男向け、ホスト部が女向けっていう違いはありますが。



あえて文句を言うと、ハルヒの目がデカすぎです。
あれだけデカいと私は可愛いと思えないんですけど。
かえって、他の女子生徒(名前すら出てこないようなの)のほうが、可愛く見えたりして困ってしまう。
まあ、文句を言うとしたらそんなもんですかね。
他は特に文句なし。



三位 N・H・Kにようこそ




以前、NHKについて書いたときは、最終回前だったんですけど、いやー終盤はハラハラしました。
作画がヒドくて。
最終回の一話前なんて、顔が崩れる崩れる。
ほとんど顔面崩壊。


これ最終回は大丈夫なのか、とストーリーがどうなるかっていう興味よりもそっちのほうでドキドキしてました。
最終回は比較的ちゃんとしてましたけど。
良かった。


作画がときどき異常に崩れるという欠点はありますが、それでもこのアニメは見応えがありました。
ドキュメンタリー的な面白さが主ではありますが。
オタク、引きこもり以外の普通の人のほうがかえって、このアニメを楽しく見られるのかもしれません。
オタク的な人だと身につまされて拒絶反応起こすかも。


ストーリー的には、自殺ツアーのあと、ちょっと中だるみしたかな。
この物語では明白な救いというのは最後までないわけですが、まあ、それは仕方がない。
これで救いを描いちゃうと、嘘くさくなっちゃいますから。
そもそも引きこもりの前に、トラウマ抱えた美少女が登場するっていう設定自体が嘘臭いじゃねェかと言われりゃそれまでですが。


それから、このアニメのなかで、主人公たちは「エロゲー製作」するのですが、そのとき私はエロゲーをやったことがなかったので、いまいち意味が分かってなかったかも。
今なら、山崎(エロゲ好き)の言葉も色々と腑に落ちるところがあったりしますね。


あと、NHKのOPはいちばん好きです。
昔の大瀧詠一みたいな感じでお洒落だし、それにちょっとセンチメンタルなところがあって。




四位 涼宮ハルヒの憂鬱




このアニメを初めて見たときの正直な感想は、


「絵柄が変!」


でした。
目がデカすぎるし、顔は幼すぎてとても高校生には見えないし。
女子キャラのほうは、幼児のような顔なのに、男子キャラのほうは結構普通だったりして、それも変。


やっぱアニメを見慣れてなかったので、ああいう絵柄が受け付けなかったです。
それなのに、二、三話見てみるとハルヒも長門も可愛く思えてきてしまうのはなんなんだろう?
これ不思議。


アニメを見始めて分かったのは、最初は「合わないなー」と思ってる絵柄でもそのうち慣れるってことですかね。
まあ、慣れるというより、可愛く感じ始めてしまうんですけど。
なんなんだろ、この審美眼の変化ってのは。


このアニメは2006年でいちばん話題だったアニメですが、確かに楽しかった。
特に一話目は出色の出来。
自主制作の映画の拙さが笑いになってるんですが、細かなところまで目が行き届いているのが素晴らしい。
登場人物がカメラの前で演技してるのに、遠いところで何の関係もない車がブォーって発車したりとか。
第一話に関しては、傑作と呼んでも差し支えないでしょう。


ただし、このアニメ全体をさして、
「アニメ史に残る傑作!」とか言われると、それは違うだろ、って思います。
そこまでスゴいもんじゃない。


小品であっても粋なところがある、っていう感じがこのアニメの良さだと思うんで、そんな傑作だとかなんとか過大評価するのはかえって、このアニメを貶めてるような気がします。


ホスト部と涼宮ハルヒを同じような感じで見てた、と書いたのに、ホスト部が二位で涼宮ハルヒが四位なのは、なんか含むところがあるようにとられるかもしれませんが、全然ないです。
まあ、正直どっちでもいいかなっていう感じです。
同じようなレベルなので。


そういえば、ハルヒの後番組がNHKでした。
これハルヒがオタクにとっての理想郷、パラダイスを描いたものなのに対して、NHKのほうはオタクの現実、そして絶望を描いたもの、なわけでこの二つは正反対の位置づけにあるアニメです。


今、気づきましたが、思えばキョンと佐藤ってどこか似てるところがあります。
情熱を持った人間に対して、距離を置いてシニカルに物を見てるところとか。
涼宮ハルヒの憂鬱において、「情熱を持った人間」というのはハルヒという「電波女」なので、キョンのシニカルさというのはツッコミ役として機能するわけですが、佐藤の場合は違います。
NHKの世界というのは、宇宙人も未来人も超能力者も出てこない、ごく普通の日常世界なので、佐藤のシニカルさというのは、自分自身の行動すら無意味だと観じてしまうような、絶望へ繋がってしまうのです。


引きこもりのオタクを救うには宇宙人の一人でも現出させてやればいいってことですかね。
そういえば、NHKのなかで、佐藤はたびたび「宇宙人の陰謀」という妄想にとりつかれてましたっけ。



五位 ハチミツとクローバーU




これは前作だったら、間違いなく二位に入れてました。


別に、Uが前作に比べて悪い出来だったというわけではありません。
(まあ、多少は質が落ちてはいるような気がするけれども)


出来がどうこう、というよりも、私にとっては


「山田が野宮にとられたのが許せなかった!!!」


という私怨により、5位に降格しました。


野宮が登場したときから、「山田はこの野宮とくっつくんだろうな」とは思ってましたが、その想像通りに物語が進展していくのを見るのは辛かった。


だって、山田かわいいからね。
健気だからね。
うん。
それがあんな野郎に取られるとは。うるる。


まあ「山田が好き」という私の個人的な感情はさておいて、ハチクロの話。


私はマンガ読んでないんで、マンガとの比較でどうこう、という話はできないんですが、このアニメはとても良いです。
私は恋愛ものには、ほとんど興味がないのですが、登場人物の心理描写が繊細にして的確で、引き込まれました。
淡い色彩の背景もいい。


物語展開だったり、キャラ設定だったりにオリジナリティーってのはほとんどないんだけれども、個々の心理描写を細かく行うことで見応えのある作品になってます。
セリフも胸に響くのが多いなあ。


だけど、まあ、なんだかんだ言って前作のほうが良かったかな。
前作のエンディング曲がすごく好きなんですよね。
スネオヘアーだっけか。
スネオヘアーって、アレか、渋谷系が流行ってたとき、半ズボンはいて歌ってたやつか?
(だれもツッコめないと思うので、虚しいけれども自分でツッコんでおくと、渋谷系ブームのとき半ズボンはいて歌ってたのはカジヒデキです)






えっと、こんな感じです。


他にもコードギアスを入れようかとも思ったんですが、あれはまだ終わってないし、しかもストーリーの進展次第では、すんごい駄作になる可能性と、すんごい傑作になる可能性の両方があるんで省いときました。
いやー、あれはどうなるんでしょうかねー?


名探偵西園寺万五郎がアニメを斬る!トップへ

2007年02月04日

あれ?ヤフーに登録されてた

どういう風の吹き回しかわかりませんが、ヤフーカテゴリに登録されてたみたいです。
ってもちろん申請してたのは、自分なんですが。


ヤフーに登録されるのは大変だっていう話は聞いていて、

「登録申請しても見に来てさえくれない」

だとか

「もう5回も登録申請してるのに、登録されない」

とか、聞いてたんで、申請するまえからダメなんだろうと思ってました。


なにしろ、このブログ初めてから、まだ3ヶ月にも満たないし、コンテンツの量も少ないし、アクセスカウンタは一日20くらいしか回らないし。
アクセスカウンタなんてどこにあんの?とか思われそうですが、実は一番下に目立たないように置いてます。
いやー、ぜんぜん回転しないもんだから恥ずかしくて、だれの目にも触れぬように隠しているのです。

同じディレクトリに登録されてるサイト見ると、累計アクセス100万とか、桁数を数えるのに難儀を感じるようなのばっか。
こっちは千にも届いてません。


だから、最初からダメもと気分だったので、申請内容もかなり適当な文書いて出したのです。

「一ヶ月に15回更新を目標にがんばってます」

とか

「一番人気のあったのは、ガンダムの記事です」

とか、この程度の文章書いて申請だしたのが、たしか二週間くらい前。

それから、ヤフーのサーファーが見に来た気配もなく、申請したことすらすっかり忘れていたんですが、どうも2日に登録されてたみたい。
ここ数日、ブログを確認してなかったんで、まったく気づきませんでしたが、アクセス解析みると、1日に見に来てくれたみたいです。

いやー、うれしいなー、これ。
ヤフーのサーファーさん、ありがとう。
なぜ、こんなサイトを登録してくれたのかは、書いてる自分ですら理解に苦しみますが、とにかくありがたいです。


だけど、まさか初めて申請して、そのまま登録されるなんて思ってませんでした。
どうせダメなんだろうから、3ヶ月後くらいにまたあらためて申請しなおそうと思ってたので。
アニメのレビュー・評論っていう、登録サイトがあまり多くないところだったのが吉とでたのかな。

2007年01月08日

アーノルド坊やはどこへいった?

じつはこの記事、
「新年一発目の企画としてなにかいいのないかな?」
と考えていたところ、思いついたものなのです。
新年にふさわしいものとして、こんなものが浮かんでくるなんて、どうも私の頭はネジが一、二本抜けてるらしい。
さあ、落ちたネジを探しにいかなきゃ・・・・って違うわ!


アーノルド坊やというのは、ある世代から上のひとたちにとって、とても懐かしいものだと思います。
ちょっと調べてみたところ、日本では全国放送がなかったらしく、地方によっては放送されてないところもあるようですね。
しかし、私の周りでアーノルド坊やを知らない人間なんていませんでした。
みんな、この番組を見ていたし、みんな、アーノルド坊やのことが好きでした。

Photo.jpg

「アーノルド坊やは人気者」というのは、(アメリカでは)1978年から放送されていた、ホームコメディです。
身寄りを失った、黒人の兄弟、ウィリスとアーノルドが白人の富豪に拾われて、養子になるっていう話です。
この番組は典型的なアメリカンコメディなんですが、時々、深刻な内容をはさむこともありました。
私が覚えてるのでは、麻薬を扱った回がありました。
アーノルドの通ってる小学校で、先生が
「このなかで、麻薬をやったことがある人は手をあげてください」
と言うと、クラスの半数近くが手をあげたのが衝撃的で今でも覚えてます。

そうした社会問題を取り上げることもあったものの、基本的にはドタバタコメディで、最後に
「やっぱ家族っていいよね」
みたいなとこに落ち着くのが常でした。
アーノルド坊やを知らない人は「フルハウス」みたいなドラマだと思ってくれればいいです。
(しかし、フルハウスも長いことやってますね。一回終わってから再放送されてるから、それで余計長く感じてしまいます。
あのちっちゃい女の子って、実は双子なんですよね。最近知りました。しかも、あの双子、すんげぇデカくなってるし)

アーノルド坊やといえば

「冗談は顔だけにしろよ」

です。
これは、アーノルドが劇中でたびたび使う決めゼリフで、可愛い容姿のアーノルドが小生意気なセリフを言うところが笑いを誘います。
ところが、この「冗談は顔だけにしろよ」ってのは、日本語版の翻訳のときに作られたセリフらしく、実際は"What are you talking about, Willis?"(お前何言ってんだよ、ウィリス?)だったらしい。
"What are you talking about, Willis?"って、なんか普通すぎるように感じるんですが。
やっぱ、「冗談は顔だけにしろよ」のほうがイイです。


さて、まだ子供だった私に家族の大切さを啓蒙してくれたアーノルド坊やですが、ある噂がながれます。
その噂を聞いたのが、私が中学生のときだったか、それとも高校生だったのか、記憶が曖昧でよく覚えてはいないのですが、その噂というのはこういうものでした。

「アーノルド坊やは暗殺された」

暗殺!!!ですよ。暗殺。
あのアーノルド坊やがなぜ暗殺などされたのか、その理由はよくわかりません。
もちろん、その噂を聞かせてくれた人に尋ねてはみたのですが、その人も知りませんでした。
しかし、"暗殺"されたのは、アーノルド坊やがスーパーで買い物していたときだったらしいです。
(しかし、これ暗殺っていう言葉の使い方を明らかに間違ってますね。暗殺というのは、普通、政治的要人なんかが殺されたときに使う言葉であって、政治的立場を持たない人間が殺されたときは、普通、殺害って言葉を使いますから。もし、明日、小倉優子が殺されたとしても、小倉優子暗殺と新聞にでたりはしませんし)

アーノルド坊やが暗殺(当時、こう聞いていたので暗殺という言葉を使います)され、その死因をめぐって情報が錯綜していたわけですが、当時の私には情報の真偽を確かめる術がありませんでした。
その当時はインターネットなんていうものはありませんでしたし、まあ、調べようと思えば調べられたんでしょうが、さすがに、そんな情熱はありませんからね。


あれから何度も月が満ち、また欠け、雨はときに激しく大地にふりそそぎ、そうして長い年月が何人のうえをも等しく通り過ぎた、この2007年初頭、私はついに、アーノルド坊や暗殺の真相にたどりついたのです。
(つっても、ふと思いついて、googleで検索してみただけでですが。すぐ出てきました。インターネットって便利)


アーノルド坊やは生きてました!
どうも、アーノルド坊や死亡のデマは日本各地で流れていたらしいですね。
私は暗殺と聞いていたのですが、デマだけに他のところでは違う形での死亡説が流れていたのかもしれません。


しかし、・・・・なんていうんでしょう。
生きていることは生きているのですが、ある意味死んだも同然・・・みたいな。

かつて、アーノルド坊やに心温められた人たちにとっては、かなりショッキングな話かもしれないです。
アーノルド坊や役のゲーリー・コールマンだけでなく、ウィリス(アーノルドの兄)役のトッド・ブリッジス、そして、白人の富豪の娘役だったダナ・プラト。
これら3人の子役は、みな不幸な人生を歩んでいるみたいです。
以下はウィキペディアのコピペ。


ゲーリー・コールマンのその後

ds_arnold.jpg

アーノルドを演じ高額のギャラを稼ぐ子役となったコールマンだが、金銭関係のもつれから親子関係が泥沼化し、実の両親を告訴している。1999年には自己破産を申告。2000年にはサインを貰おうと近づいてきたファンに暴行した罪で逮捕された。その当時のコールマンは俳優としては全く落ちぶれた状態でありショッピングモールで警備員として働いていた。のちにポスタル (ゲーム)でゲームキャラクターとして出演した。

トッド・ブリッジスのその後

ds_willis.jpg

ウィリス役のブリッジスは番組終了とともに人気が低迷。以後十年近くにわたって麻薬依存症などの問題を抱えることになる。

ダナ・プラトのその後

ds_kimmy.jpg

3人の子役たちの中で最も不幸な人生を送ったのは、キンバリーを演じたプラトである。

先ず、まだ放送が継続中であった1984年にボーイフレンド(後に結婚)に妊娠させられ、番組の内容に相応しくないという理由でプロデューサーに解雇される。キンバリーのイメージが強すぎたことと妊娠スキャンダルの影響でその後役が付かず、ついに雑誌のヌードグラビアやソフトコアのポルノに出演するまで低迷する。14才から使い始めた酒と麻薬への依存症の深刻化や、たった一人の子供の親権を離婚した夫に持っていかれるなどの多くのトラブルを抱える。

クリーニング店で働きながら細々と生活を支えるまでに至った1991年に、生活苦の末おもちゃのピストルを使って強盗に押し入ったビデオ店で200ドルを奪って逮捕される。この事件はかつて華々しい人気を誇った子役の悲劇として全米で大きな話題となり、プラトに対する同情もあったが、1992年に処方箋偽造の疑いで再び逮捕される。

しばらく大衆の目前から姿を消した後の1999年、新しい恋人と婚約し私生活を充実させると同時に芸能界復帰の準備を始めていたが、5月7日、訪問先の婚約者の母親宅の外に停めてあった車のなかで遺体となって発見された。

死因は鎮痛剤の過剰摂取で、現場の状況から見て自殺と断定された。(プラトは死の直前に、過激で辛辣・下品で猥褻な発言と態度で有名なDJ・ハワード・スターンの番組でこき下ろされており、これが自殺の原因になったと今でも多くのファンに言われている。)全米で「デートに誘いたい女の子No.1」、「近所の憧れの女の子No.1」と言われた美人子役のあまりにも悲劇的な人生であった。


しかし、「14才から使い始めた酒と麻薬への依存症の深刻化」って・・・。
あのドラマに出てたときから、ヤク中ってことですか。
呆然。

2006年12月28日

刺青(いれずみ)

探偵という職業柄、私はヤクザのような連中とも多少の面識があります。
ちゃんと(?)組に所属してるのもいれば、街のチンピラみたいなのもいるし、金貸しもいたり、まあ色々ですが。

で、そのうちの一人で私の事務所(兼自宅)にときどき遊びにくる若い衆がいるんですが、そいつがこの前、両肩に刺青をいれました。
タトゥーみたいな洋物のやつじゃなくて、和風の刺青です。
どっちの肩も黒い龍に赤い目玉という絵柄です。

最初に右肩を彫って、しばらくしてから左肩を彫ったらしい。
右と左を見比べてみると、あきらかに色が違います。

刺青って面白いもんで、墨をいれたばかりのときは、黒々としてツヤがあるんですね。
それが多少時間がたつと、じょじょに色が抜けていくらしい。
墨を入れたばかりの左肩が黒々としてきれいなのに、右肩のほうはすでにちょっとかすんだ感じの色合いになってます。

それに、刺青をいれてから汗をかいたりしても色が抜けるそうです。
消毒なんかも大変そうです。
水で洗い流してから、ワセリン塗らなきゃいけない。
うーん、めんどくさそう。

私は痛いのにすごく弱いんで、「どれくらい痛いのか」と聞いてみたら、
肩甲骨みたいに骨の浮き出しているところを彫るときがすんごく痛い、って言ってました。
彫っているときは血が滲み出してくるので、血を拭きながら彫っていくそうです。
(なんか想像しただけでイヤだ)
それから彫ったあとは、ちょっとぶつかっただけで、飛び上がるほど痛いらしいです。

そんなに痛い思いして、しかも高い金だしてまで刺青いれる気持ちが私にはよくわかりません。
まあ、どれが格好いいかという感性は人それぞれですがね。

それに私の場合、好きなものがコロコロ変わりますからね。
たとえば、十字架のタトゥー入れてから、何年かたって、
「ああ、十字架なんてもう飽きた。ドクロにしよう」
とか思っても、刺青、タトゥーの場合、変更できませんし。

ある意味、刺青を入れる人というのは、
「今の自分の感性、好みが未来永劫変わらないと確信してる人」だってことがいえるわけです。
私なんか、そんな確信はとてもじゃないが持てません。

たしかに十年来、ずっと好きな小説だったり、映画だったり、音楽だったりというのはありますが、それと同時に、今じゃ何の興味も持てないものに、夢中になっていた時もあるわけで、そういう過去の自分の愚行を鑑みるに、今現在の自分の好みを絶対視することなんてとてもできないです。

こういう部分でも、刺青向きの人間と刺青不向きの人間ってのに分かれるような気がします。



タグ:刺青

2006年11月21日

HENTAIアニメ

私はアニメ見始めたばっかりの人間で、言葉変えればヌルオタってやつなわけですが、このJohnさんは本当にスゴイです。

http://ask-john.cocolog-nifty.com/blog/2006/11/hentai_c915.html#more


HENTAIアニメをここまで熱く語れるアメリカ人って・・・・。


私が知ってるのはBible Blackだけでしたね。
バイブルブラックはたしかによかったです。
女の子も可愛いし、制服のデザインが独特なんだけど結構センスいいんですよね、あれ。
エヴァの制服や、涼宮ハルヒの制服よりバイブルブラックの制服のほうがずっと洗練されてるように思えます。


彼のANIMEに対する知識は膨大にして細にわたっていて、素直に脱帽してしまいます。
文章も無駄がなくて的確ですしね。
私の、ただ長いだけで要領をえない文章とはわけがちがいます。


追記
あの年頃の娘は扱うのが難しいです。
どこに地雷が埋まっているかわかりゃしませんから。



人気記事
    ×

    この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。