初めての方はINDEX(目次)へどうぞ。

2006年11月11日

エウレカセブン はじめに

2ちゃんねるなんかを見てみると、エウレカセブンは結構評判が悪いみたいです。
糞アニメ呼ばわりしている人もいます。
もちろん人の評価というのは様々であって、ちゃんとした根拠に基づくものもあれば、まったく根拠なしのデタラメなものまで千差万別なのです。

たとえば、私は生まれつき鼻が高く、幼少のころから級友たちにからかわれてきました。
彼らのなかには、「鼻がデカいやつは、あそこもデカい」という科学的根拠のないフォークロアを信じるものがいて、子供のころの私のあだ名は「リーサルウェポン」でした。
その心ないあだ名で、摘みたての白桃のように繊細な私の心はどれだけ傷ついたことでしょう。
まさか自分の股間が普通サイズであって、決してリーサルウェポンなんかではないことを証明するために、縮こまったそいつを衆目のもとにさらすことなんてできません。
今の私は人並み以上の図太い神経を獲得していますが、子供のころはトゥー・シャイ・シャイ・ボーイだったのです。
結果、夜ごと枕を涙で濡らし、自分のバタ臭い顔を呪っていたのでした。(終)

・・・って、私の股間が最終兵器彼女かどうかなんて話はどうでもよくて、エウレカセブンの話でしたね。
つい失念してました。失敬、失敬。
さて、エウレカセブンが本当に糞なのかどうか、です。
そのためには前半、中盤、後半にわけて、自分なりにストーリーを追っていきたいと思います。
んで、それは次回以降にってことで。
人気記事
    ×

    この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。